膝の皿の上側が痛い。しゃがんだり階段が辛い両方の膝痛。

こんにちは、八王子あんしん整体の西村です。

今回は

しゃがんだり階段の上り下りで両膝が痛い50代女性

の改善例です。

 

膝が痛いと言っても人それぞれ場所が違います。

今回の方はお皿の上が痛いそうです。しかも両膝です。

きっかけはお子さんと遊んでいた時に、久しぶりにダッシュした時に痛くなりました。

時間が経てば治るだろうと思い病院には行かなかったそうです。

 

50代 女性 大和市 両膝の痛み

症状は

  • しゃがむと痛い
  • 階段の上り下りで痛い
  • あぐらが痛い

という状態です。

 

しゃがむことが多いお仕事をされているので早急に改善していかなければいけません。

 

背中の筋肉を緩めたらしゃがむことができました。

身体のチェックしてみると、とても背中の筋肉が硬くなっています。

痛いのは膝ですが、体は1つに繋がっているので背中が原因となる場合もあります。

まずはうつ伏せになっていただき、背中全体を緩めていきます。

施術後にしゃがんでいただき施術前との変化を確認します。

 

「あれ?痛くないです」

 

痛みがなくなりました。

きっかけはダッシュしたからという事ですが、ダッシュが直接の原因ではなかったみたいです。

背中から連動して膝が痛くなることはよくあります。

どういうことかというと、

筋肉は硬くなると縮んでしまいます。そこを中心に周りの筋肉が引っ張られてしまういます。

連動して膝の周りの筋肉が引っ張られ痛みとなってくるわけです。

 

トリガーポイントという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

今回の症例でいうと、

痛い場所は膝。

原因となる場所は背中の筋肉。

このような時、背中の筋肉をトリガーポイントといいます。

 

トリガーポイントが1ヶ所ならばすぐに膝痛は治ってしまいますが、数ヶ所存在する場合はすべてを探し出して緩める必要があります。

 

階段の痛みはふくらはぎに原因がありました。

しゃがむことはできるようになりましたが、階段での痛みはまだあります。

という事はまだトリガーポイントがあるはずです。

背中以外にもふくらはぎの硬さが目立ちました。

そこを緩めていきます。

 

整体後に院内にある段差を上り下りしていただくと、

 

「痛くないです!」

 

施術前には確かに痛かった動作です。

これによってふくらはぎも膝痛の原因だったという事がわかりました。

 

まとめ:膝痛の原因はトリガーポイントという膝以外の場所に存在します

  • なかなか治らない膝痛はトリガーポイントという膝以外に原因が存在する場合があります
  • トリガーポイントは数ヶ所存在する場合が多いです
  • トリガーポイントをすべて緩めることで根本的に膝痛を解消することができます

シップや電気治療などであまり改善されない場合は、膝以外に原因があるかもしれません。

八王子あんしん整体ではトリガーポイントを緩めることで膝痛を改善していきますので、痛い膝を直接押したり強いマッサージをすることはありませんので安心して施術を受けていただけます。

 

余談:私も自分で膝痛を治しました

整体師になる前はコンピューター関連のシステムエンジニアという仕事をしていました。

当時は腰痛、股関節痛、膝痛など体はあちこちボロボロでした・・・

整体の勉強して体の仕組みや痛みのメカニズムを理解することで自分自身の膝痛を解消しました^^

自分が膝痛経験者だったので膝痛で困っている方の気持ちがものすごく分かります。

一人でも多くの患者さんのお役に立っていきたいと思っています!

 

 

The following two tabs change content below.

西村 正太郎

八王子あんしん整体では半月板損傷など膝痛に特化した整体院です。 手術を悩んでいる方やシップ・リハビリは自分には合っていないと感じている方ご連絡ください。

関連記事

  1. 膝の内側の痛み。横浜市 30代 女性 エアロビクス