膝の内側の痛み。横浜市 30代 女性 エアロビクス

こんにちは、八王子あんしん整体の西村です。

今回は

エアロビクスを週に5回しているスポーツが大好きな女性。

1週間前から左膝の内側が痛くなり、だんだんと痛みが強くなってきた症状が改善された

というお話です。

 

膝の痛みの症状

痛い場所は左膝の内側。

運動をするとだんだん痛みが増してくる。

痛みの他に、引っ掛かる感じがします。

しゃがんだり、体重をかけると特に強く膝の痛みを感じる。

 

近所の接骨院へいくと半月板損傷ではないかと言われたそうです。

勧められた治療法はシップでしたが、なかなか改善はしませんでした。

 

膝の痛みの原因と対策

来院時には膝の痛みのためエアロビクスはできない状態でした。

安静にしていたり、歩く程度であれば問題はありませんが、しゃんがんだりジャンプをしたりと膝に負担をかける動作をすると内側に痛みと引っ掛かりがでてきます。

身体のチェックをすると足首と股関節の硬さがあることがわかりました。

原因はその辺りではないかと思い、念入りに調整をしてみます。

 

しゃがんでの膝の痛みが改善

施術後にしゃがんでいただきました。

どうでしょうか?

何回も入念に屈伸運動を繰り返して確認しています。

 

痛みはでてきません

 

屈伸の痛みは消えたみたいですが、まだ他の動作の痛みが残っています。

 

ジャンプでの膝の痛みが改善

ジャンプでの痛みは着地したときに出てくるのを確認しました。

着地での痛みとなると、やはり足首と股関節にまだ問題が残っているかもしれません。

 

足首や股関節に痛みなどの自覚症状がなくても問題を抱えている場合があります。

問題というのは筋肉の硬さです。

 

問題となっているかもしれない場所をさらに細かく調整してみます。

施術後にジャンプをしていただきました。

 

これも入念に何回もジャンプをしています。

動作確認はとても大事なことです。

1回2回程度では問題がなくても、10回位続けると違和感が出てくる場合もあります。

そのような状態ではまだ完全に良くなったとは言えません。

繰り返し動作確認をした後、

 

「ぜんぜん痛くないです」

 

良かった。

 

踏み込みなどで片足に体重を乗せると出ていた膝の痛みが改善

最後は片足に負荷をかける動作痛を取る整体です。

片足でのジャンプや片足でのスクワットで動作確認をします。

このような動作で痛みが出る場合は上半身にも問題があるかもしれません。

歪みのを整え、上半身の筋肉を緩めていきます。

 

どうでしょうか?

 

エアロビクスでの動作を色々と試していただきました。

 

「大丈夫です!」

 

膝の痛みはなくなり、もう一つの問題でもあった引っ掛かりも無くなったようです。

合計3回の整体で終了となりました。

これで体はリセットされましたのでエアロビクスに復帰できるでしょう。

楽しんでください!

 

まとめ:膝の痛みは身体全体の問題を解決する必要があります

来院時に悩んでいた動作痛はすべて消えました。

今回は足首、股関節、歪みなど膝回りだけの処置ではなく身体全体の調整が必要でした。

シップだけでは治らない場合の膝の痛みは、このような総合的な調整が必要となります。

膝の痛みがでてから1週間という短い期間で整体をすることができたので早く良くなったと思います。

長引かせずに早めの治療をお勧めいたします。

 

The following two tabs change content below.

西村 正太郎

八王子あんしん整体では半月板損傷など膝痛に特化した整体院です。 手術を悩んでいる方やシップ・リハビリは自分には合っていないと感じている方ご連絡ください。

関連記事

  1. 膝の皿の上側が痛い。しゃがんだり階段が辛い両方の膝痛。