11年前に手術した半月板損傷の痛みからバドミントン復帰しました!

こんにちは。八王子あんしん整体の西村です。

今回は、

60代 男性 11年前に左膝の半月板の切除手術を行いましたが、痛みが再発。

しかし、整体によって痛くてできなかったバドミントンができるまでなりました。

という改善例です。

 

半月板損傷の治療として切除手術や縫合手術があります。

不安やリハビリの期間などを考えると、できることなら手術はさけたいものです。

盲腸の手術のように1回で完治すれば良いのですが、半月板損傷の場合は100%完治というわけにはいかない場合があります。

というのも、

「手術をしたけどまた痛くなってきた」

「手術をしたけどあまり変わらない」

という理由でこちらに来られる方がいるからです。

 

そのような方は膝が痛かった原因が、半月板が損傷していたからではなかったのです。

原因は筋肉の緊張にありました。

 

以下より改善例となります。

「手術をしたけど、また膝が痛くなってきた」というような方に読んでいただきたいと思います。

 

60代 男性 府中市 左膝の裏側が痛い

今回の改善例は60代の男性です。

11年前に左膝が半月板損傷になってしまい、半月板の切除手術を行っていました。

術後しばらくは良かったのですが、だんだんと違和感が戻ってました。

なんとか10年は持たせましたが、ここ最近は痛みが強い状態です。

 

バドミントンをやっていたのですが、最近は痛くてできません。

 

症状としては、

  • イスから立ち上がる時に痛い
  • 下り坂が痛い
  • しゃがめない
  • 正座ができない
  • ジョギングができない

といった状態です。

 

膝痛を治すために自分でやっていること

一度手術をしているという事で、今回は病院へは行ってないそうです。

自分でできることはないかとテレビや雑誌、インターネットなどで情報を集めた結果、筋トレがいいのではと思い毎日太ももの筋肉を鍛えていました。

足を曲げ伸ばししたり、時には重りを付けて鍛えていました。

あとは自分で太ももをマッサージをしてみたり。

しかし、なかなか痛みは取れません。

筋トレは場合によっては、膝に負担をかけるだけという時もあります。

 

インターネットで調べてこちらへいらっしゃいました。

2度目の手術は抵抗があったみたいです。

 

膝痛の原因は足だけではなく、上半身にもありました

色々とお話を伺った後に、体のチェックを行いました。

全身の筋肉を触って調べていくと、足が硬いだけではなく、上半身にもかなり硬さがありました。

まずは足の筋肉から緩めていきます

歩いても痛いそうなのでまずは普通に歩けるようにします。

一番硬いふくらはぎを整体によって緩めていきます。

 

筋肉を緩めるといっても力任せにマッサージをするわけではありません。

これは技術なので文章で説明することが難しいです。

力はあまり必要がないので整体を受けている方も「そんなんで良くなるの?」と言われることも多いです。

とにかく緩めるのみです。

 

膝が大分深く曲がるようになってきました。

院内を歩いていただくと、

「軽い!痛くないです」

痛い場所は左膝の裏側でしたが、すっきりした様子です。

 

上半身を整体することでほぼしゃがめるようになりました

整体は1回だけでは目標までは改善できません。

目標はバドミントンをやっても痛くない膝にすることです。

そのためには数回受けていただきます。

 

今回は上半身を緩めてみます。

膝と何の関係もなさそうな場所ですが、体は1つにつながっていますので全く関係がないわけではありません。

膝が痛いからと言って膝回りのマッサージだけに集中していても、改善がない場合があります。

患者さん一人一人施術する方法を変えています。

流れ作業的なことは行わず、施術前のチェックによって施術内容を組み立てていきます。

 

上半身を緩めてみた結果、しゃがみきると痛みが少し出るという状態にまで改善されました。

施術前には、だいたい膝の角度が90度位までしかしゃがめませんでしたので、上半身を緩めたことはとても効果があったという事が分かります。

 

全身の調整を行うことでさらに膝痛が改善されます

最後は身体の全体的なバランスを取ることです。

身体の上下、左右のバランスです。

大分柔らかくなった身体でも探すとまだ硬いしこりみたいなところが残っていますので、そういう場所を緩めていきます。

施術後に確認をしてもらいます。

 

正座もできるようになりました。

 

・歩くと痛い

・下り坂が痛い

・しゃがめない

・正座ができない

・ジョギングで痛い

・バドミントンができない

以上の痛みが解消されました。

バドミントンに復帰することができるようになり、目標達成となりました。

 

まとめ:手術をしても痛みが出てしまう場合は半月板が原因ではないかもしれません

  • 手術では治らない場合があります
  • 筋トレは膝に負担をかけるだけになっているかも
  • 膝の痛みを改善するには全身を診ていかなければいけません

痛みがあるのは膝ですが、膝は体の一部だと考えると全身を診るのは当たり前だと思っています。

手術をしても治りが悪い場合は膝以外を治療することが必要かもしれません。

バドミントン頑張ってください!

 

 

The following two tabs change content below.

西村 正太郎

八王子あんしん整体では半月板損傷など膝痛に特化した整体院です。 手術を悩んでいる方やシップ・リハビリは自分には合っていないと感じている方ご連絡ください。

関連記事

  1. 半月板が縦に切れてしまった半月板損傷は改善されるのでしょうか…

  2. 膝の痛みとクリック音で歩くのも辛い。そんな半月板損傷も改善!…

  3. テニスで痛めた膝痛。半月板損傷でしたが無事復帰できました!

  4. 半月板損傷の原因は年のせい?それとも体重?

  5. 半月板損傷で4回水を抜く。40代 男性 八王子市

  6. 半月板損傷による右膝の痛み。手術なしでサッカー復帰できました…