半月板損傷のため膝が痛くてカクカクする。

こんにちは、八王子あんしん整体の西村です。

膝の痛み専門の治療院です。

 

今回の改善例は、

両膝の内側の半月板損傷と左膝の外側のカクカクする違和感

です。

 

40代 男性 両膝の痛み 川崎市

2年前に野球の試合で左膝を痛め、2か月前のゴルフで右膝を痛めてしまいました。

症状は、

  • 階段の上り下りで痛い
  • 左膝の外側がカクカクする
  • 走ると痛い

 

近くの整形外科で受診すると、両足とも内側の半月板損傷

それに加え、左足の外側は靭帯の損傷という診断でした。

 

しかし、両膝ともねじったり、ぶつけたわけでもありませんでした。

外傷はなくても、半月板損傷や靭帯損傷になってしまったという方です。

 

外傷がなくても膝が痛くなるのは疲労の限界がピークになっていたため

きっかけはなくても運動中や運動後に急に痛くなってしまう方は少なくありません。

さらに、運動を一切していない方でも急に膝が痛くなる場合もあります。

 

原因は筋肉疲労が溜まり続けた事です。

疲労が溜まると筋肉は硬く縮んでしまいます

硬く縮んでしまうと血行が悪くなります

血行が悪くなるとさらに硬くなる

このような悪循環の毎日によって蓄積された筋肉疲労が痛みの原因。

 

少し話がズレますが同じような痛みとして、

・ぎっくり腰

・四十肩

などもそうです。

ぶつけたり、ボキッというくらい無理な態勢をしたわけではないのに激痛となってしまった経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

以前当院に来られたぎっくり腰の方は、500mlのペットボトルを持った瞬間に腰に激痛が走り、動けなくなってしました。

しかも、空のペットボトルです。

つまり、野球やゴルフ、ペットボトルを持ったことが痛くなってしまった原因ではないという事です。

原因はすでに「筋肉の硬さ」という形でできあがっていて、運動やちょっとした動作はほんの少しのきっかけにすぎないと思ってください。

イメージとしては、

すでにコップの水が一杯となっている状態の時に、少しの衝撃で水がこぼれてしまった

この「こぼれてしまった」状態が痛みです。

 

身体のどこかに痛みがある方は、大抵身体が硬いです(コップの水があふれている状態)。

痛みが強ければ強いほど硬さも強い。

 

こういう状態を回避する対策としては、メンテナンスが必要です。

毎日、歯磨きをすると思いますがこれも歯のメンテナンス。

身体も同じようにメンテナンスが必要なんです。

月に1回位でいいのでコップの水を抜くようにしましょう。

 

膝の痛みの原因がわかれば完全に痛みは消えます

話を戻して、

この方の膝の痛みの原因は上半身にありました。

腕や背中の硬さが膝関節をゆがめてしまっていました。

身体は1つに繋がっているので、上半身も膝の痛みに連動しています。

 

合計4回の整体で、両膝の内側の痛みと左膝の外側のカクカクする痛みはすべて解消されました。

 

まとめ:膝の痛みの原因は筋肉が硬くなってしまい、膝関節をねじってしまっているため

八王子あんしん整体では、半月板損傷も靭帯損傷も膝関節がねじれていることが原因だと考えています。

ねじれの大元の原因が筋肉の硬さという事です

痛みが弱い時期に整体を受けることで早く良くなります。

長期間の我慢はしないでください!

 

The following two tabs change content below.

西村 正太郎

八王子あんしん整体では半月板損傷など膝痛に特化した整体院です。 手術を悩んでいる方やシップ・リハビリは自分には合っていないと感じている方ご連絡ください。

関連記事

  1. 右膝の内側に痛みと引っ掛かり。半月板損傷の手術はしたくない!…

  2. 膝が痛くて正座ができなかった原因は筋肉にありました!

  3. 11年前に手術した半月板損傷の痛みからバドミントン復帰しまし…

  4. 半月板損傷と関節ネズミでWの悲劇

  5. 半月板が縦に切れてしまった半月板損傷は改善されるのでしょうか…

  6. テニスで痛めた膝痛。半月板損傷でしたが無事復帰できました!